マイナーな消費者金融って利用しても大丈夫ですか?

数年前から給料が足りず頻繁に消費者金融を利用するようになりました。何度か借入を繰り返すうちに金額がどんどん増えていって大手の消費者金融では借入が難しい状態です。マイナーな消費者金融ですと審査に通りやすいと聞いたのですが本当ですか。今気になっている消費者金融は初めて聞く会社なのですが申し込んでも大丈夫ですかね。正規の会社ではないということもあり得るのですか。信用できる会社なのかどうか不安です。

マイナーな消費者金融が全て信用できないということはありません

巷にはたくさんの消費者金融がありますが必ずしもマイナーな消費者金融があやしいということはありません。現在では法律によって金利や借入額が制限されているのでもし審査なしとか無職でもOKなどと宣伝しているとしたら確かに怪しいと思った方がいいでしょう。金利は最高でも18%ですのでそれ以上の金利だったり、総量規制以上に貸付をしようとしてきたらそれは違法な業者です。決してお金を借りないようにしてください。しかし、法律の範囲内で営業しているのであればマイナーな消費者金融でも問題はないと思います。ただ、利用者の心理として誰でも知っている大手消費者金融や大手都市グループにの傘下にある会社の方が安心感を覚えるのは仕方ないと思います。

しかしマイナーな消費者金融には確かにメリットもあります。利用者の多くはやはりよく名の知れた会社を利用したいと思うものです。そのためマイナーな消費者金融は大手会社に打ち勝つためにサービスを良くする必要があります。それが審査が通りやすいということに結び付いているのです。基本的に消費者金融の審査は年収、勤務先、勤続年数、その他のローンを調査するわけですがマイナーな会社の方が審査基準が甘いというのはウソではないと思います。大手ですでに断れわれているのであればマイナーな会社に申込してみるのもいいでしょう。

しかし、もちろんマイナーな会社にもデメリットはあります。会社にもよりますがたとえば提携しているATMが少なかったり、借入限度額が低かったり、あるいは即日キャッシングやウェブ明細などが利用できなかったりするかもしれません。会社の規模が小さい場合はまだまだサービスの点で行き届いていない部分もあると思いますが、とにかく審査に通ってお金が借りたいという人であれば試してみる価値はあると思います。

マイナーな消費者金融を選ぶメリットとデメリットを知りたい

沢山選択肢があるものからひとつを選ぶとき、何かしらその人にとっての「ポイント」が存在します。例えば沢山の種類のお菓子からチョコレートを選ぶ時には、「ちょっと甘いものが食べたいから」といったようにです。そのものが好きだから、という理由もあれば実用的だから、やりたいことに一番沿っているものだから…などなど、その人にとって「メリット」となるものがより大きなものを選ぶ、それが普通のことだと思います。

お金に関してもそうで、お金を借りるときにわたしたちは「どこからお金を借りようか」という選択を迫られることになります。その中で「信頼できるから」と、自分が預金口座を持っている銀行のカードローンを選択する人もいれば、「すぐにお金を借りることが出来るから」という理由でスピード審査に定評がある消費者金融を選ぶ…など、その人ひとりひとりの背景に沿ったメリットを見出し、選択を決定します。

ただ、商品を購入することであってもそうですが、わたしたちは無意識下で「安心」を求めることが非常に多いです。日本人の基質に保守的な部分があるというのも大きいのかもしれませんが、同じ商品であっても「よくわからないマイナーな会社が作ったもの」よりも「CMなどの広告でよく見るメジャーな会社が作ったもの」を手に取る機会のほうが多いのではないでしょうか?しかし、マイナーなものはマイナーであることのメリットもあります。それは消費者金融にも当てはまります。

ここではマイナーな消費者金融を、いわゆる大手ではない個人経営などの会社と位置づけます。小さな消費者金融を選ぶという人は、お金を借りたことがない人ほど取らない選択肢でしょう。なぜなら、闇金だったり詐欺などのトラブルに遭う可能性がメジャー…いわゆる大手で利用していない人でも名前を聞けばわかるくらいの消費者金融に比べたら非常に高いと言えるからです。なかなかお金に関するトラブルは他人にも相談しづらいため、泣き寝入りしてしまうかもしれません。「よくわからないところから借りてトラブルに巻き込まれたらどうしよう」という思いを持ちやすいのが、マイナーな消費者金融を選ぶデメリットと言えます。

一方で、小さな消費者金融は日に何百件、何千件という申し込みを受けることはまずありません。正確な件数はわかりませんが、数件から数十件程度と考えられます。申し込みの件数が少ないということは、一件一件を丁寧に審査する時間があるとも言い換えられます。特に個人経営のようなところであれば、きっちりと返済してくれるかどうか見極める必要があります。もし、簡単にお金を貸して返ってこなかったら経営が傾く可能性もグッと上がってしまうからです。そのため、審査にはしっかりと時間をかけて「なぜお金が必要なのか」を申込者からヒアリングすることが多いようです。借りる側からしたら面倒かもしれませんが、そこにはメリットが隠れています。大手では機械的なスコアリングで審査に落ちてしまうような人でも、申込者の背景を知ることでお金を貸してくれる…そんなことがマイナーな消費者金融では意外とあることなんです。ブラックリストに載っている人でも借りられた、なんて口コミもよく目にします。

ちょっとだけお金を借りたいだけであれば、大手のほうが楽ですぐにお金を借りることが出来るでしょう。ただ、あなたが事情がありどうしてもお金が必要、それでいて属性に自信がないならばマイナーなところも検討してみてもいいかもしれません。ただし、その場合はトラブルを未然に防ぐため事前に情報をしっかりと集めましょう。

閉じる